カンボジア渡航報告 プノンペン

こんにちは! カンボジアの魅力にすっかりはまっている戸澤です!

11/18~11/27までカンボジアに行ってきました!学校は自主休講。(笑)

今回の渡航の目的は、小学校でのアンケート実施と、2月に計画しているスポーツフェスティバルの準備ということで、首都のプノンペンとシアヌークビルというところに行ってきました!

そして、今回の渡航、とにかく歩きまわりました。(笑)

というのも、今回は一人での渡航だったうえ、余裕のあるスケジュールだったので、とにかくカンボジアの実際の生活を、より深く知りたいと思ってのことでした。

(決してトゥクトゥク代をケチったわけじゃないよ!(笑))

特にプノンペンでは、地域のスポーツ施設や、小学校、大学などを見学してまわり、それぞれ、オーナーさん、校長先生、大学生、大使館の方などたくさんの方々にお話しを伺うことができました。

もちろん、その道中も歩きだったので、市場や、スラム街などにも立ち寄り、見知らぬ人とお話しできたりと、前回の渡航では経験できなかったよりローカルな部分に触れられました。

写真は現地の大学生とカンボジアの鍋を食べに行ったとき

小学校の先生や大学生など、この地域についてよく知る方々にお話を聞きながら、実際に、その土地を歩き、見て回るという経験はとても刺激的で、気づきの連続でした。

ほんとにいい経験でしたね。スラム街に一人で突っ込むのは怖かったけど、、(笑)

やっぱり、実際に現地に足を運んで話をするって大事だなって、つくづく感じました。

それから、メインの活動目的である、小学校でのアンケートの実施も、janesana international schoolさんのご協力のおかげで、無事に収集することができました。

特に、この学校のディレクターであるmak先生には、アンケートにクメール語訳を付けてくださったうえ、プノンペンでの泊まる場所まで用意して頂きました。渡航のたびにお世話になっていてほんとに感謝しかないです。

今回のアンケートは主に、学校や普段の生活でのスポーツ実施率や、ドロップアウトの現状について調査するもので、先生と生徒、両方に対して行いました。

実は、カンボジアの学校では、体系的な体育を行っている学校はほとんどありません。

体育の時間が設けられている数少ない学校でも、簡単な体操をするだけで終わらせてしまっているような状況にあります。

今回のアンケートでも、「時間がない」「場所がない」「スポーツの知識がない」という理由から、体育の授業は全くされていませんでした。

しかし、一方で、「ドロップアウトを減らすためにはどうしたら良いと思うか」というアンケートの質問に対しては、「学校の授業をより充実させる」という回答や、「学校に楽しい授業または活動を設ける」という回答が先生方から得られました。

だとしたら、子供たちの大好きなスポーツの時間を学校に取り入れたいですよね!

(スポーツを行う子どもたち)

確かに、この学校では、休み時間に体を動かせるような場所すらないですし、先生たちも基礎科目を教えるので精いっぱいという感じはあります。

それでも、スポーツに限らず、音楽などの芸術科目もできれば、子供たちはもっと夢中になって学校に来てくれるはずです!

どうしたらそういった授業形態をつくれるか? 今はそんなことを考えて、ワクワクしています!今後のSheedAに期待しててくださいね!(笑)

そんな感じでプノンペンでのアンケート収集はできたので、次は2月のスポーツフェスティバルの打ち合わせをしに、シアヌークビルに向かいます!

シアヌーク編はまた次回!

#戸澤 #秋渡航 #アンケート #ワクワク

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square